<   2016年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

d0239963_16593998.jpg

これから木の家に住むにあたり、木のお皿を買った。
木の家の記念に。
初めての木のお皿。
宮内さんのはずっと気になってて。
大きいのも小さい豆皿も欲しかった。けど最初に柄が気に入ったこれにした。
手入れとか使い方とか、ちょっと抵抗合ったけど、今回お家を木にして、家もメンテとか時間と共に良い味が出るって聞いてお皿も一緒なんだと思った。
少しずつ木の器を集めていきたいな。

あっ、家ブログまだまだ続きます。



[PR]


d0239963_16361361.jpg
待ちにまったドアが来た。ドアはこの家の顔。
ずっと楽しみにしていた。
ドアになる杉の一枚板は選ばせていただいた。
中秋の名月の、満月の日にドア完成。そう「ドア記念日」。

d0239963_16401442.jpg
うちに来る前のドア、っていうよりまだ一枚板の状態。
d0239963_16403471.jpg
こんなに綺麗に変身。
d0239963_16411117.jpg
トラックで届いた時、「でかっ!。」って思った。だって2700×820cmサイズだもんなー。
つるつる、すべすべ頬ずりした、寝っころがりたい気分。
この取っ手は「槐(えんじゅ)」という木。「木の魂」と書くそう、何かそういうところも気に入った。
ごつごつした感じが良い、色も。
d0239963_16433390.jpg
内側部分。
内側の反り止め兼手摺は「栗」。
表のごつごつ感と異なって、こっちはつるつる滑らかで気持ち良い手触り。
家の外でがっつり強く守ってくれてて、で、中に入ってこの手触り癒される。
d0239963_16475329.jpg
実は、この内側手摺を作っていただくのに、栗は灰汁が強く、こんな手になってしまったそう。
なかなか取れないこの灰汁だったとか、お疲れ様。
d0239963_16553526.jpg
ここにドアが来る
d0239963_16564524.jpg
d0239963_16570371.jpg
d0239963_16570712.jpg
d0239963_16571017.jpg
とにかく、デカく、重いので運ぶのも、はめ込むのも
金具付けるのも、微調整もかなり困難。
何回も何回も微調整してようやく、完了。
d0239963_16593233.jpg
d0239963_16593524.jpg
全てが終わったのは夜、もう空には満月のお月さんが出てた。
月明かりの下、「わー、ドア、やった~!」と感激した。
ドア記念日。
そーっと、開けたり閉めたり。
木の重さを、実感した。
この日のことはずっと忘れない。














[PR]

d0239963_11082732.jpg
※普段の日記はこの記事の下にあります

今年もあります、
「なら国際映画祭2016」。
今年はなんと、初日のオープンニングセレモニーに斉藤工さんや、別所哲也さん他が来られるとか。

個人的には別所さんは、映画のコメンテーターとしても以前から好きだったんで楽しみです。
彼が関わられていた「ショートフィルムフェスティバル」もよく行ったなあ。

アジアンは初日の17日に、出店。屋台メニューは考案中ですが雑貨はかごを中心とした、台湾のあと他仕入れてきた新しい商品も並ぶ予定。
他にも映画を始め、楽しいワークショップや素敵な雑貨やおいしいFOODもたくさん!
どうぞお楽しみにー。

くわしくはコチラ




[PR]
d0239963_10273417.jpg
d0239963_10275135.jpg
d0239963_10284108.jpg


雨は、降らないように!とお祈りしていたのですが、なんとなんと太陽も出てメチャ晴れてて暑いじゃないですか!
よかったー。
予定通りレッドカーペットも開催されるようです。
アジアンは、「アジアンチキン弁当」持って行きます。あと、もちろんかごやら小物も。
ここは、タイか?ベトナムの屋台街か?って思うくらいアジアンな香りただよってる我が家です。
只今仕込中。
手作りのショップカードも出来ました。





[PR]
アジアン・マーブルです。
何とか心配していたお天気も明日は大丈夫そう。
うん、そう祈ろう、晴れ女がいっぱいいらっしゃることだし、大丈夫!
アジアンは「アジアンチキン弁当」を持って行きます。よろしくお願いします。

d0239963_16485087.jpg
d0239963_16484811.jpg




[PR]
9月13日(火)
おにぎり3種、ミンチカツ、レタス、ピーマン肉詰め
d0239963_15313609.jpg
9月14日(水)
おにぎり3種、豚肉甘辛炒め、チョコレート
d0239963_15315486.jpg
9月15日(木)
おにぎり3種、鶏肉卵とじ
d0239963_15320446.jpg
9月16日(金)
おにぎり3種、豚肉玉ねぎ甘辛炒め、たくあん
d0239963_15321535.jpg




[PR]
d0239963_15210563.jpg
d0239963_15205845.jpg

雨。
風呂場に突然の訪問者。






[PR]

d0239963_13272376.jpg
d0239963_13270130.jpg
d0239963_13270599.jpg

昨夜、究極の塗装職人が参上!

「お手伝いすることはありませんか、親方。」と遠慮がちに言うと
「ない、邪魔しないことが何よりの手伝い。」と。
「はい、分かりました。親方。」。
親方の手元を照らし、塗った後の乾かしに扇風機を持ち、塗った後の仕上げにサンダーをかけ・・・
弟子の弟子として働かせていただきました。頭丸めて丁稚として奉公します。

つづく






[PR]
d0239963_17422259.jpg
久しぶりの家づくり日記です。
実は、日々最後の追い込みの細かい作業は続いていたのですが、大きな大工仕事は一旦終了。

今日から何日間か大工衆はここには来られず、工場での作業。
いつも聞いていた木を削る音や、金槌の音や、削られた木の香りや、大工さんのどでかいくしゃみや、
そういうのが全くなく静かな一日。
おまけに今日は蝉の声も聞こえず、何だか夢を見てるような一日。
そしてぽかんと穴が開いたような、そんな腑抜けのように思う一日。
大工衆におやつを出すことも無く、一緒に話して笑いあうこともない静かな一日。
彼らが大工道具を研ぐ姿もない。

次は、近日中に洗い屋さんが来られるらしい。
養生も剥がされ、ずっと隠れていた無垢の木目が一気に顔を出した。
そして、たくさんあった大工道具たちも運び出され、長いことこの部屋の真ん中にどでんとあった「削り台」も外に。
棟梁の仕事には欠かせなかったこの「削り台」。
来る日も来る日も、片腕になって支えてきた台。
この台の上で様々な物が生まれ、家の一部になってきた。
ここで、私もカンナ削らせてもらったり、私の道具じゃないけどすごく思い出深い台。
まず現場に来るとこの台が迎えてくれていた。
そんな台が無くなった。

「養生剥がして、大工道具を全部撤去するともう大工の痕跡が無くなるくらいスッキリします。」
と言われてたけど、本当そうだった。
あんなにあふれていた木の削りカスや屑もない。
昨日まで怒涛のドラマが繰り広げられてたとは想像つかない。
広くて白い床。
あまりにも静かすぎて、「痕跡」よ、どっこもいかんといてー、なんて思う。
どっと、寂しい気分になった。


今度は家の顔であるドアとか、私がメッチャ楽しみにしている食器棚とか食卓テーブルとか、他ハコ物の作業に入る。
あと、デッキとか、他楽しみなモノまだまだ・・・。

d0239963_17433684.jpg
d0239963_17435594.jpg

d0239963_17443430.jpg
材料の木であふれていた頃
d0239963_17442881.jpg
こんな感じだったよなー
d0239963_17464114.jpg
こんな作業もあった
d0239963_17483661.jpg
d0239963_17520409.jpg
d0239963_17512785.jpg
d0239963_17534318.jpg
マリコ、カンナ削り挑戦
d0239963_17542933.jpg
私もー。
d0239963_18060669.jpg
あんな日
d0239963_18085670.jpg
こんな日
d0239963_18102170.jpg
d0239963_17492749.jpg
私の好きな1枚。ここにも作業台参加
お疲れ様




つづく
次回は、台所や、ほぼ出来上がった和室のお話。
お楽しみに。




[PR]
9月5日(月)
おにぎり3種、切り干し大根豚肉炒め、ミニトマト、大葉、
ホワイトロリータ、ピーナッツせんべい
d0239963_15261357.jpg
9月6日(火)
おにぎり3種、焼肉、ミニトマト、大葉、スコーン
d0239963_15262501.jpg
9月7日(水)
おにぎり3種、豚肉野菜ケチャップ炒め、ホワイトロリータ
d0239963_15263611.jpg



[PR]