なかなかアップできない、「タイ仕入れ珍道中日記」です(汗)。
10、11日の「トゥクトゥクテクテクマーケット」に合わせて紹介していきたいと思ってはいるのですが、きっとすべては無理でしょう。
また、続編ということで、少しずつアップしていきますので、ご興味ある方マメにのぞいてくださいね~。

ではでは・・・。

チェンマイ二日目。

いつものホテルで始まる朝。
普段の生活の忙しさから、開放されるこの仕入旅。
このホテルでの何てことのない朝が好きです。
通りを歩く人を眺めつつ、今日の計画をててつつ、話もはずみます。
d0239963_14402161.jpg
d0239963_14402888.jpg
d0239963_14403420.jpg


チェンマイは緑が多く、のどかで個人的には好きです。
バンコクのようなにぎやかさはないですが、ゆったりとしたこの道が好きです。
建物もレトロで古く、大きな川にかかる橋から見える景色も好きです。
d0239963_14433414.jpg
d0239963_14434413.jpg
d0239963_14435374.jpg

タイマッサージの店があちこちにあります。
d0239963_14444560.jpg


続きはこちら
[PR]
秋ですね。
先日、新サンマを早速食べました。
ギラギラしていて身もプリプリの、サンマはこれからが旬!
すだちと大根おろしももちろん添えました。
実は、肉より魚が好きな私。
美味しくいただきました。

スターバックスでも、秋を思わせる「アップルクランブルラテ」というのがお目見え。

楽しみな秋ですね。

d0239963_1391515.jpg

d0239963_1375072.jpg

[PR]
かなり、時間がたってしまったが6月に行ったタイの旅の話。
・・・何回も行ってるので、あらためてタイの旅日記というのも、なんなんですが、いつ行ってもその時その時、感じることはさまざまで・・・。
どこに行ってもいくつになっても、同じ旅は出来ない。
それがまた良いところでもあります。

さて、

6月に行ったタイの話・・・。

はじまりはじまり。

d0239963_12134176.jpg

d0239963_12142085.jpg

d0239963_12143666.jpg

毎度ながら、いつものフライト。深夜便。夕方まで仕事して、で、どわ~っと急いでシャワー浴びてご飯食べて、関西空港行のバスに飛び乗る。夫が駅まで送ってくれる、いつもありがとう。
深夜発のバンコク行きの飛行機。ワインをかっくらって、仮眠して早朝暗いうちにバンコクに着く。
このまま、チェインマイへ。
3時間ほどの待ち時間、これがまた空港内が南極を思わせるくらいの寒さ。
いつもの空港内のカフェでぼ~っとした頭と、それと反比例して高まるテンションのまま次のフライトを待つ私達。
空も少しずつ明けてきて、タイの朝の始まり。

d0239963_12203944.jpg

d0239963_1221044.jpg

d0239963_12211592.jpg

チェンマイからは、ソンテウという乗り合いバスで、街中へ。
空港から街へはこの手段が一番安く、また開放的で楽しい。
走れ走れソウテウ!
d0239963_12224549.jpg

d0239963_1223921.jpg

ホテルについてくろぐ二人。
色水のようなウェルカムドリンク
d0239963_12241978.jpg

チェンマイを流れるピン川。

続きはこちら
[PR]
d0239963_15132336.jpg

今日から9月。
学生さんは長い夏休みも終わり、今日から新学期。
朝晩も少し涼しくなり、日差しもすこ~しだけどなんだか秋の気配を感じさせてくれる。
日も少し短くなった。

慣れないながら、このブログを初めて2か月。

日本は新しい総理が誕生。
あまりにもめまぐるしい交替でなんだかついていけそうにないが、
野田さんに賭けるしかない。
「アレアレ、次はダレダレ??」というのが、正直な日本国民の気持ちだろう。

2008年、アメリカで黒人大統領「オバマ政権」が誕生した時の映像は今でも脳裏に焼き付いて忘れられない。
「Revolution大革命」という言葉がぴったりな、そんな 瞬間。
黒人街のアポロシアター周辺では、皆涙を流していた。
確実に何かが変わり、そして始まる、そんな予感を感じた瞬間。

今日から9月。
野田さん頑張ってほしい。



※写真は、数年前に行ったニューヨーク。
念願のカウントダウンを見に行きました。

[PR]
d0239963_22284755.jpg

8月も間もなく終わり。
この夏は・・・と振り返るにはまだ早いけど、よく頑張ってくれた我が家の扇風機。
d0239963_22335626.jpg

窓から見上げた空、なんだか少し真夏を通り越した、そんな空。
家の近所の田んぼでは、膨らんだ稲穂が、間もなくやってくる収穫を待っている。
[PR]