カテゴリ:たびのおはなし( 118 )

d0239963_10184603.jpg


1月3日。
帰る日の朝です。

なかなかアップできずです。
Facebookやインスタグラムでは、ちょこちょこアップしております。
こちらには、帰国後またまとめて。

ここ台南は、毎日曇り空で空気は生暖かくなんとなく日本の春の始まりを思いました。
少しずつですが日が長くなり、春を予感させるような柔らかい日差し。
私が一年で一番大好きな、本当短い期間。
昨日は雨がパラついて、雨の落ちたアスファルトの匂いに懐かしさを感じました。
日本はまだまだこれから寒いようですね。
でも、確実に日は長くなっていく。
春待ちな気持ちです。
もうすぐ列車で台南から高雄へ、そして日本へ。



d0239963_21454461.jpg


高雄の夜。
朝早くに台北出て、大きな荷物にヒイヒイ言いながら列車で高雄に無事来ました。
ここは少し生暖かい空気が漂ってます。
日本は紅白歌合戦かな。





d0239963_21160937.jpg

d0239963_21160919.jpg

d0239963_21161089.jpg



朝市。
毎日、その日によってお店さんも違う。
冬はダウンやタイツが多い。
今から南に、高雄へ列車で向かいます。仕入れした30㎏の荷物と共に💦。高雄で日本から来た家族と合流予定。仕入れもほぼ終わり、これからはちょっとゆっくりできるかな。




d0239963_21195749.jpg

d0239963_21195814.jpg

d0239963_21195879.jpg

d0239963_21195833.jpg



台北最後の夜。
いつものマッサージ屋行って、初めて入ったレストラン。
台湾ラガービールに、牛肉チャーハン、チャンポンのようなラーメン🍜🍥、バジルのオムレツ。
いつも通るだけで入ったことなかったけど美味しかった。お店のスタッフがメニューの全写真をスマホでアルバムにしてて見せてくれた、すごい!寒いと言ったら、日本のカイロをくれた何て親切。




d0239963_00451722.jpg


台北最後の日。
こちらは、霧雨のような雨が降っては止んで、また降って。
あれこれ買い物して、50円くらいのバスであちらこちらへ。ホテルに戻ってパッキング。一日中働いてる感じ(笑)。
そんな感じなんでなかなかアップ出来てないですが元気です。こちらにいると年の瀬を忘れそう。




台北の朝市。
いつも台北に来たら必ず来る、ここ。
前回は夏。
燃えるような夏。
季節が変わると、売られてるものも変わる。
あらあらお寿司が登場。

d0239963_09470118.jpg


d0239963_01111975.jpg

d0239963_01101753.jpg

d0239963_01101748.jpg



d0239963_01101772.jpg

d0239963_01115409.jpg

d0239963_01115490.jpg


台湾二日目。
日本は寒いみたいですね。ここ台北も寒く、午後からは風が出て来て小雨が降るという天気。
朝から市場をスタートし、終日歩き回ってます。ま、いつものことなんですが(笑)。
あまり写真は撮れてないですが元気です。
ちょっと寒いんで、早く高雄や台南に逃げたい気分。



d0239963_01295393.jpg


日本からの出発も遅れ、台北入りする時も滑走路が混んでて着陸も遅れ、いつも近く感じる台湾が今回は長く長く感じられました。
台北の空港から市内行きのいつものバスを待ってたら何とこちらは予定より10分も早く来て、で、そのまま発車。え?まだ発車時間じゃないのに💦たまたま私達は早めに来てたから乗れたけど、定刻に来た人はどうなってたんやろ?
発車時刻は、「おおよそ 」「だいたい」なんやろか?
ま、乗れたからいいけど。
長い長い一日が間もなく終わる。


d0239963_09562121.jpg


思ったより寒くはなかった朝。
でも奈良はちょっと雪がはらはらと舞ってました。
今から、台湾に行ってきます。
台北から台南へ。
関空はなんと、なんと雪で吹雪いてるではないか。
来年は、奈良県立図書情報館にてドダウリ村のキルト展でのアジアンマーケットが控えてます。良いもの見つかればいいな。
また、現地からあれこれ報告いたしますね。
皆さま良い年をお迎えください。


酒田でお世話になった日和山ホテル。
オーナーさんが、街おこし的な活動をされててとにかく楽しく面白く、アツい人で。
行く前から楽しみだった。
キャバレー白バラ店主でもある。
情報量もすごく、酒田出身のH 田さんが勧めてくれたのも理解できた。
洗濯機もあり、暮らすように滞在できた。

近くから見える夕日も素晴らしくきれいだった。

市場に行ったり、老舗バーでカクテル「雪国」飲んだり、酒屋さんや和菓子やさん街のあちらこちらで親切にしていただいた。
そんな街。
派手さはないけど
真綿のようにじんわり今も余韻が残る。
「行って良かった」と思えた、そんな場所。


d0239963_16394359.jpg

d0239963_16394331.jpg




d0239963_16394332.jpg
庄内の郷土料理。むきそば。
そばの実をむいて、だしでいただきます。

d0239963_16394477.jpg

d0239963_16394498.jpg

飲み比べセット。
左から、大山「超辛口」、初孫「しおさい」、上喜元「翁」。

d0239963_16424665.jpg

バー「ケルン」の雪国。
93歳のバーテンダーの井山さんは現役で頑張られてます。

d0239963_16442349.jpg

d0239963_16442314.jpg

キャバレー白バラ。
ソフトドリンクもあり健全です。カラオケ歌ったり、お話したり。時々映画の上映会もされてるようです。

d0239963_16454553.jpg

最後に日和山公園から見た酒田の夕日。
遠くに船が停まってて、灯台にあかりが灯りだします。
海辺の1日の終わり。
何気ない風景。
飽きない見ていたい風景。

また、来たいな。